鹿野”ぶらり”見て歩記

■■■鹿野ブログ■鳥取県鹿野町の町並みを歩いて紹介します■■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

美しく青き河内川・・・?

以前、地区座談会の話しの中で「河内川の伐開、掘削作業」により河内川を綺麗にするとのお達しがあり
「生物多様性に配慮した川づくり」を・・・とお願いした結果はこの通り。
koutikawa.jpg
見事なまでに、真平らに仕上げていただきました。(~_~;)
今度、さかなクンにあったら住み心地を聞いてみましょう。

eibonr.jpg
こちらは美しい川の代表、ニュージーランドのクライストチャーチを流れるエイボン川。
母国イギリスのエイボン川を模倣して整備されたそうですが、今ではこちらの方が有名ですね。
日本では、このような光景はほとんどありえません。
なぜなら、日本の河川法では、河川敷の構造物や樹木は、流れを妨げる物という定義だからです。
智頭の桜並木も、堤防(河川の一部)に植えてあるため、本来は違法なのだそうであります。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/01(水) 18:29:25|
  2. 話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<初雪 | ホーム | 鹿野小学校 10周年記念>>

コメント

環境立県

最近、環境立国とか環境立県とか言いますが、何をどうしたいのでしょうね。

県民に意識調査して鳥取県の良いところは問うと、必ず「優れた自然環境」という答えが返ってくるそうです。
整然とした杉林の山林と3面張りの河川が美しいという美意識なのでしょうか。

法も人が作った物ならば、時代が変われば変わるべきかもしれません。
  1. 2010/12/03(金) 12:50:26 |
  2. URL |
  3. 住民 #-
  4. [ 編集]

そうなんですか

 先日河内川の現場を通りかかりました。見事な河川整備におどろきました。どうしたらああいう発想ができるのでしょうね。
 ヤマメやアマゴが安心して棲める川にしたいもの。
  1. 2010/12/02(木) 19:25:23 |
  2. URL |
  3. kawa #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shikanoyume.blog121.fc2.com/tb.php/256-75d3be00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

河内川のかわづ

Author:河内川のかわづ
鳥取県鹿野町の風景やイベント、見どころなどを紹介しています

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。